【投資サロン】人気で選ぶ!初心者の方が始めやすいネット証券会社3選

スポンサーリンク

はじめに

株式投資や投資信託を始めるには、証券会社に自分の口座を開設する必要がありますが、証券会社選びは、これから投資を始める方には最初の悩みだと思います。

いろいろな証券会社がありますが、これから始める方向けの証券会社選びについて書き進めていきたいと思います。

証券会社にはどんなものがある?

証券会社と一口に言っても、それぞれ特徴がありますので、ポイントを分かりやすく説明していきたいと思います。証券会社のタイプは大きく以下の2種類があります。

1)対面式の証券会社(野村証券や大和証券など)
2)ネット証券(SBI証券や楽天証券など)

対面式とネット証券の違いは、対面式では営業担当者や窓口を介して取引を行いますが、ネット証券は自分のパソコンやスマホを使ってオンラインで取引を行います。

どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますので、以降の章で違いを記していきます。

尚、対面式の証券会社でも対面式の口座とは別にオンライン口座を用意している証券会社もありますが、対面式の口座を持っている方とは別の扱いになりますので、その点は注意が必要です。

パソコンやスマホで取引きするなら、やはりネット証券に軍配が上がりますが、対面式の証券会社のオンライン口座も企業努力されておりますので、最近はその差があまり無くなってきています。

対面式の証券会社とネット証券のメリット・デメリット

・対面式の証券会社の特徴(メリット・デメリット)
 ・手数料が割高
 ・営業担当者や窓口で助言を聞いて取引ができる
 ・IPOやPOは抽選だが、上位顧客は当たりやすい

・ネット証券の特徴(メリット・デメリット)
 ・手数料が安い
 ・パソコンやスマホを使って自分で取引する。その分、取引ツールが充実していることが多い。
 ・IPOやPOは基本的に完全抽選

【ワンポイント!】
初心者の方であれば、対面式の証券会社で話を聞けることは魅力的に映ると思いますが、営業マンによっては興味の無い商品を勧めてくるところもあります。

また、情報収集を行いやすくなった現在では対面式のメリットは薄れてきています。

ネット証券に比べて対面式は手数料が高いので、自分でいろいろ調べて投資ができる人ならば、やはりネット証券が向いています。

慣れてくると株式投資がどんどん楽しくなり、そのための情報収集もあまり苦にならなくなってくることが多いというのもあります。

証券会社を選ぶ際にチェックしたいポイント

証券会社と言えども、提供しているサービスは多岐に渡ります。普通に国内で上場している企業に投資するなら、基本的にどの証券会社でも取り扱っていますが、「外国株に投資したい」「投資信託を多く揃えている証券会社がいい」という希望がある場合には、自分が利用したいサービスが提供されているかどうかを口座開設前にチェックしておきましょう。以下に主な取扱サービスとその他のチェックポイントについて記しておきました。

【取扱サービス】
・国内株式
・単元未満株・ミニ株(※)
・外国株式
・投資信託
・国債
・社債
・外国債券

 ※単元未満株とは、本来は最低売買単位である単元株数(例:100株)で取引しないといけないのに対して、1株などの小数でも売買できるようにしたものです。通常の売買とは異なるため、市場への発注等において一部制約があります。ミニ株は単元株数の1/10単位での取引になります。

【その他にチェックしたいポイント】
・手数料(通常、定額制、信用取引手数料)
・注文方法の種類
・夜間取引の有無
・IPOの取扱件数
・NISA口座の有無
・投資情報の充実度
・取引ツールの使いやすさ
・口座数の多さ

証券会社の口座開設方法

口座開設の一般的な流れは以下の通りです。

1.証券会社のホームページや書面で申し込みを行う。
2.マイナンバーカードや運転免許証などの本人確認書類を提出する。
3.証券会社による口座開設の審査

最近では、本人確認書類をホームページからアップロードすることで提出できる証券会社もあり、ホームページだけで完結するところも増えてきましたので、さらに便利になりました。

また、NISA口座や信用取引などを希望する場合には、口座開設と同時に申し込むことができます。

初心者の方にお勧めの証券会社

証券会社をどこにすれば良いかわからない場合は、ひとまず口座開設は基本的に無料ですので、人気のある(≒評価されている)証券会社から選んでしまっても問題ありません。

使ってみて合わなければ他の証券会社を追加すればいいだけですので。

複数の証券会社の口座を持っている方もたくさんいますし、僕も今では合計10個近くの口座を持っていますが、そのうち使っているのは3つくらいです。

経験を重ねていくうちに、外国株の取り揃え(証券会社によって得意な国が違ったりします)や注文方法の種類の多さなどで、人気に関わらず、他の証券会社を使いたいと思うことも出てきますが、その時は新たにその証券会社の口座を開設すれば良いだけです。

以下は、ネット証券会社の口座開設数上位3社(2018年3月調べ)を記載しましたので、口座開設を検討されてみては如何でしょうか。

SBI証券

なんといっても、SBI証券はネット証券では口座開設数No.1の証券会社です。さすがにNo.1だけあって、手数料の低さや商品の充実度は文句の付けようがない充実度です。

【取扱サービス】
・国内株式:○
・単元未満株・ミニ株(※):○
・外国株式:○ ※米国株、中国株、韓国株、ロシア株、新興国株。
・投資信託:○ ※2000本超
・国債:○
・社債:○
・外国債券:○

【その他にチェックしたいポイント】
・手数料(通常、定額制、信用取引手数料):○ ※業界トップクラス
・注文方法の種類:○ ※2019/3/23に注文方法が拡充されました
・夜間取引の有無:○ ※8:20~16:00、17:00~23:59
・IPOの取扱件数:○ ※取り扱い件数No.1
・NISA口座の有無:○
・投資情報の充実度:○
・取引ツールの使いやすさ:○
・口座数の多さ:○ ※ネット証券No.1(2018年3月調べ)

口座開設・資料請求はこちら

楽天証券

コースによっては、株式取引手数料の1%のポイントバックや投資信託の残高でポイントが貰えるサービスなど、楽天会員にはメリットのある証券会社です。また、各種サービスも幅広く最高クラスですので、とても使いやすい証券会社です。

【取扱サービス】
・国内株式:○
・単元未満株・ミニ株(※):× ※買い取りのみ可(買い増し不可)。
・外国株式:○ ※米国株、中国株、新興国株。
・投資信託:○ ※2000本超
・国債:○
・社債:△
・外国債券:○

【その他にチェックしたいポイント】
・手数料(通常、定額制、信用取引手数料):○ ※業界トップクラス
・注文方法の種類:○
・夜間取引の有無:△ ※8:00~16:00
・IPOの取扱件数:△
・NISA口座の有無:○
・投資情報の充実度:○
・取引ツールの使いやすさ:○
・口座数の多さ:○ ※ネット証券No.2(2018年3月調べ)

口座開設・資料請求はこちら

マネックス証券

100円から投資信託が購入できたり、投資の際に参考になる投資情報もかなり充実しています。また、IPOも多く手掛けています。全体的に見て、初心者に優しい証券会社と言えます。

【取扱サービス】
・国内株式:○
・単元未満株・ミニ株(※):○
・外国株式:○ ※米国株と中国株。とくに米国株の取り揃えは抜群です。
・投資信託:△ ※1000本超
・国債:○
・社債:○
・外国債券:○

【その他にチェックしたいポイント】
・手数料(通常、定額制、信用取引手数料):△
・注文方法の種類:○
・夜間取引の有無:×
・IPOの取扱件数:○
・NISA口座の有無:○
・投資情報の充実度:○
・取引ツールの使いやすさ:○
・口座数の多さ:○ ※ネット証券No.3(2018年3月調べ)

口座開設・資料請求はこちら

コメント